アプリ

    アプリとは、リソース(組織やユーザー、カレンダー、Botなど)を操作する際の、OAuth認証に必要な情報(Client ID、OAuth Scope)やアプリ専用の仮想管理者アカウント(Service Account)など、APIの利用に必要な情報を管理する単位です。
    LINE WORKS API 2.0 を利用するには、事前にDevelopers Consoleでアプリを登録する必要があります。

    LINE WORKS API 2.0 を利用するにはアプリ情報をもとに認証を行い、取得したAccess TokenでAPIを呼び出します。

    アプリを登録する際、設定/発行する情報は下記の通りです。

    • アプリ名
    • アプリの説明
    • Client ID
    • Client Secret
    • Redirect URL
    • Service Account
    • Private Key
    • OAuth Scope

    アプリ名

    アプリの名前です。

    アプリの説明

    アプリの説明です。

    Client ID

    アプリを識別するIDです。
    Authorization Code(認可コード)を発行する際とAccess Tokenを取得する際に使用します。

    Client Secret

    Access Tokenを取得する際に使用します。

    Redirect URL

    認証に成功し、Authorization Codeを送付する際のリダイレクト先のURLです。
    Authorization Codeを発行する際のRequest Bodyに含まれるredirect_uriパラメータとアプリに登録したRedirect URLが一致するか検証が行われます。
    User Account認証を行う場合、Redirect URLの登録は必須です。

    • httpsのURLを登録する必要があります。
    • サブドメインも個別に登録する必要があります。(例: https://sub.domain).
    • 最大100個まで登録可能です。

    Service Account

    アプリ専用の仮想管理者アカウントです。
    Service Accountを発行し、使用することによって、User Account(管理者やメンバーなどを含む、LINE WORKSを利用するすべてのユーザー)の代わりにAccess Tokenを取得することが可能になります。
    詳細は「Service Account認証 (JWT)」と「User Account認証 (OAuth)」を参照してください。

    Private Key

    Service Accountを使用してAccess Tokenを取得する際に必要な認証キーです。

    OAuth Scope

    OAuth Scopeは、アプリが利用するリソースとその操作権限です。
    詳細は「OAuth Scope」を参照してください。