Introduction

    LINE WORKSとの連携アプリを開発するためのLINE WORKS API 2.0 (Beta)に関するドキュメントです。

    アプリ開発者はLINE WORKS API 2.0 (Beta)を利用して、Botの利用、組織やグループの管理、ファイルのアップロード/ダウンロードなど、LINE WORKSが提供する様々な機能やリソースをAPIで利用可能です。

    API利用の準備

    LINE WORKS API 2.0 (Beta)を利用する手順は、下記の通り。

    1. LINE WORKS管理者でログインし、「Developers Console」を開く
    2. アプリを新規追加する
    3. アプリで利用するAPIのscopeを選択する
    4. アプリでOAuth認証の後、Access Tokenを発行する
    5. Access TokenをもとにAPIをコールする

    APIのRequestまたはResponse BodyのデータフォーマットはJSON(JavaScript Object Notation)を利用します。JSONの詳細については、こちらを参照してください。

    APIの利用

    LINE WORKS API 2.0 (Beta)が提供するすべてのAPIは、RESTful形式で、HTTPSを経由してEnd Pointに接続します。
    End Point URLは 「https://www.worksapis.com/v1.0/」です。
    例としてGETメソッドでBotリストを取得する方法は以下の通りです。

    • GET https://www.worksapis.com/v1.0/bots

      詳細は各APIの説明ページを参照してください。

    新機能、機能改善、および改修を行った場合は、「お知らせ」にてAPIのアップデート情報を公開します。

    APIを活用した開発に関するディスカッションにはCommunityをご利用ください。

    LINE WORKS API 2.0(Beta)にはサービス安定化のため、一定時間内に実行可能なAPI呼び出し回数を制限する「Rate limit」が設定されています。APIの呼び出し回数がRate Limitを超過すると、一時的に呼び出しが制限されてエラーを返します。詳細は「Rate limits」を参照してください。