トークBot APIの概要

    トークBot APIを利用すると、トークBotとメンバーでメッセージを送受信できます。例えば、自社で用意したメッセージ送受信サーバーとメンバー間で対話型コミュニケーションを行なったり、メンバーが送信したトークに対して自動で返信することも可能です。

    トークBot APIでは、以下のようにトークBotの登録と照会、メッセージ送受信機能を提供しています。

    • トークBotの登録: 自社のトークBotを登録、修正、照会します。
    • メッセージ送信: 自社のメッセージ送信サーバーからトークBotを通じてメンバーにメッセージを送信します。
    • メッセージ受信: メンバーがトークBotに返信すると、設定したメッセージ受信サーバーにメッセージを転送します。

    トークBot

    トークBotを利用するとメンバーへのメッセージ送信や対話型コミュニケーションを行うことができます。例えば、メンバーへの一斉通知をBotからのメッセージとして伝えることができます。また、メンバーが送信したメッセージにあわせて自動的に回答するシステムを作り、対話型コミュニケーションを行うような活用方法も考えられます。

    参考

    • Botは最大300個(フリープランは10個)まで登録可能。

    トークBot API

    トークBot APIを利用するとトークBotの登録、修正、照会、およびメンバーとの対話が可能になります。

    トークBotの登録とメッセージ送信は、以下のステップで行われます。

    1. 「トークBotの登録API」でトークBot情報をテナントに登録
    2. 「トークBotのドメイン登録API」でトークBotをテナント内の各ドメインに登録
    3. 「メッセージ送信API」を利用してメッセージ送信
    4. (必要な場合)Botのcallback URLにメッセージ受信サーバーを登録してメンバーからのメッセージを受信

    Bot利用までのプロセスを図であらわすと下記のようになります。

    図1 トークBot利用プロセス

    図1 トークBot利用プロセス

    トークBotの登録と照会

    トークBot APIを利用するには、テナントとドメインの関係について理解する必要があります。1つのテナントは1つもしくは複数のドメインから構成されます。テナントは企業グループ、ドメインは個別企業をイメージしてください。

    トークBotはまず最初にテナントに登録されます。登録されたトークBotを使用するためには、合わせて利用ドメインにもトークBotの登録を行う必要があります。

    参考

    • トークBotを登録すると「Bot Id」が作成されます。Bot Idは従来APIの「bot No」と同様です。

    トークBotの登録からドメイン登録までの作業はDevelopers Consoleでも可能です。

    利用ドメインを登録したトークBotはメッセージの送受信が可能になります。

    メッセージの送信

    トークBotは特定のメンバーにメッセージを送信することができます。

    参考

    • 参加者が500 名以上のトークルームでは、Botからメッセージを送信してもメンバーへのプッシュ通知が行われません。

    メッセージの受信

    メンバーとトークBotの間での対話型インターフェースを提供します。メンバーからトークBotにメッセージが送信されると、LINE WORKSのメッセージサーバーを通じて、登録されたメッセージ受信サーバーへポストします。メッセージ受信サーバーに渡した値について改ざんの有無を確認するため、チェック値をX-WORKS-Signatureヘッダーに含めて送信し、API IDをキーとして確認することができます。

    参考

    • メッセージを受信するcallback URLは1件のみ登録できます。
    • callbackのインターフェースは従来のAPIとは異なり、選択することができます。詳細は「Developers Console > Bot」を参照してください。

    トークBotの状態

    トークBotには以下の状態があります。

    状態 説明
    準備中 テナント登録のみ行なった状態です。
    トークBotを使用する場合は、トークBotのドメイン登録APIでトークBotのドメインを登録を行う必要があります。
    サービス中 各ドメインに登録された状態です。
    権限ON状態でメッセージ送信APIを使って各メンバーにメッセージを送信できます。
    > 使用権限ON Botをトークルームに招待可。
    >> 公開 アドレス帳のBotリストに表示。
    >> 非公開 アドレス帳のBotリストに非表示。
    > 使用権限OFF Botをトークルームに招待不可。

    Botの状態を変更すると、以下のサービス通知が送信されます。

    サービス通知タイプ 状態 送信先
    Botリストに追加 ● 権限ON & 公開 メンバー
    Botリストから削除 ● 権限ON & 非公開
    ● 権限OFF
    ● 権限ONのBotをドメインから削除
    ● 権限ONのBotに対してドメイン利用範囲を限定
    ● 権限ONのBotを削除
    メンバー
    公開中のBotを登録ドメインから削除 ● 公開中のBotを削除
    ● 公開中のBotに対してドメインの利用範囲を制限
    管理者
    公開中のBotに'複数人のトークルームに招待可' を設定 ● '複数人のトークルームに招待可' 設定 管理者
    公開中のBotから'複数人のトークルームに招待可' 設定を解除 ● '複数人のトークルームに招待可' 解除 管理者

    管理者は、最高管理者、副管理者、IT管理者を意味します。

    '複数人のトークルームに招待可' に設定されると、公開範囲は全メンバーに固定されます。

    削除されたBotは復元できません。

    図であらわすと下記のようになります。

    図2 トークBotの状態遷移

    図2 トークBotの状態遷移

    トークBot API利用前の準備

    トークBot APIを利用するには、botまたはbot.read Scopeを利用するアプリを作成する必要があります。詳細は「Developer Console」を参照してください。