Terms of API Service

第1条 (目的)

LINE WORKS APIサービス利用規約(以下「本規約」といいます。)は、ワークスモバイルジャパン株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するLINE WORKS サービスのAPIサービス(以下「APIサービス」といいます。)の提供条件、当社とAPIサービスの利用者との間の権利義務関係その他必要事項が定められています。

第2条 (用語の定義)

本規約において使用する用語の定義は次の通りです。

  1. ① 「LINE WORKSサービス」 (以下「LINE WORKS」といいます。)とは、「LINE WORKSサービス利用規約」(以下「LINE WORKS規約」といいます。)第2条第1項に定義されたサービスを意味します。
  2. ② 「APIサービス」とは、LINE WORKSのAPI(アプリケーションプログラミングインターフェイス。以下「API」といいます。)、認証・認可システム、関連機能及び関連資料を含むサービスを意味します。
  3. ③ 「認証・認可システム」とは、OAuth等を用いたAPIサービスを利用するための認証・認可システムを意味します。
  4. ④ 「APIアクセストークン」とは、認証・認可システムより発行されたAPIサービスを利用するためのアクセスキーを意味します。
  5. ⑤ 「LINE WORKS Developers」とは、当社APIサービスのドキュメント、お知らせ及びコミュニティを提供しているウェブサイトを意味します。
  6. ⑥ 「API利用者」とは、LINE WORKS規約第2条第2項に定義された「お客様」や本条第9項の「パートナー」を含む、本規約に同意し、当社によってAPIサービスの利用を許諾されたAPIサービスを利用する法人及びその他の団体を意味します。
  7. ⑦ 「管理者」とは、LINE WORKSを契約している場合は、LINE WORKS規約第2条第4項に定義された「管理者」を意味します。LINE WORKSを契約していない場合は、本規約に基づき、APIサービスの利用者を代表・代理する者であって、APIサービスの利用に関する一切の責任を負う者を意味します。
  8. ⑧ 「ユーザー」とは、LINE WORKS規約第2条第3項に定義された「ユーザー」を意味し、お客様より付与される権限により「管理者」(LINE WORKS規約第2条第4項)及び「エンドユーザ」(LINE WORKS規約第2条第5項)に区分されます。
  9. ⑨ 「パートナー」とは、「パートナー企業」(LINE WORKS規約第2条第15項)やLINE WORKSと組み合わせたサービス又は製品を開発及び提供する開発パートナーを含む、当社から正式にパートナーと認定された法人及び団体を意味します。
  10. ⑩ 「API接続先提供サービス」とは、API利用者又は第三者が開発した、APIサービスを利用したサービス、アプリケーション、製品又はプログラムを含むサービスを意味します。
  11. ⑪ 「API接続先情報」とは、API利用者がAPIサービスの使用にあたり、当社が提供する開発用コンソール等に登録するAPI接続先提供サービスの情報を意味します。
  12. ⑫ 本規約で定義されていない用語については、LINE WORKS規約の定義が適用されるものとします。

第3条 (規約の効力及び変更)

  1. ① 当社は、必要に応じ、本規約の変更を随時行うことがあります。この場合、APIサービスの提供条件などについては、変更後の利用規約が適用されるものとします。
  2. ② 前項の場合、当社は、本サービスに関連するウェブサイトに掲示する方法等にて通知するものとし、これをもってAPI利用者への通知を完了したものとします。本規約の変更後に、API利用者がAPIサービスを利用した場合、API利用者は変更後の新利用規約に同意したものとみなします。

第4条 (使用許諾・モニタリング)

  1. ① 当社は、本規約等の定めに従うことを条件として、API利用者にAPIサービスを非独占的に使用することを許諾します。
  2. ② API利用者は、当社が別途定める場合には、前項の許諾に係る使用料を支払うものとします。
  3. ③ 当社は、APIサービスの使用につき別途定める内容の制約(アプリケーションの利用範囲、アクセス回数、アクセス時間、アクセスに関する表示を含むがこれに限られません)をすることができるものとし、API利用者はこれを承諾するものとします。
  4. ④ 当社は、API接続先提供サービスのセキュリティ水準、ユーザー保護水準若しくは経営状況の悪化がある場合又は本規約の違反があると客観的かつ合理的な事由により判断する場合、API利用者に対し、APIサービスの利用の制限若しくは停止を求めることができるものとします。
  5. ⑤ APIを通じてAPI利用者がユーザーの追加や削除を含む、LINE WORKS側のデータ変更を行った場合、当該データが属する「お客様」(LINE WORKS規約第2条2項に定義する。)に対する請求費用が増加又は減少するなどする場合があります。

第5条 (知的財産権の帰属)

  1. ① 当社が提供するAPIサービス及び関連プログラムの著作権その他知的財産権は、すべて当社又は当社に利用を許諾した第三者に帰属するものとし、API利用者は、本規約等に明示的に規定される場合を除き、いかなる権利も取得しないものとします。
  2. ② API利用者は、APIサービスにかかるいかなる権利、義務又は利用契約上の地位についても、第三者に譲渡、賃貸、リース、質権、担保設定、承継その他の処分のいずれも行うことはできません。

第6条 (当社の義務)

  1. ① 当社は、APIのバージョンをアップグレードする場合、下位のバージョンと互換性のあるAPIの提供に努めます。また、APIのバージョンをアップグレードする場合、一定期間の間、API利用者が最新バージョンのAPIと下位のバージョンのAPIを並行利用できるように努めます。ただし、セキュリティや運用上の問題等、当社がやむを得ないと判断した場合には、下位のバージョンと互換性のあるAPIの提供をせず、又は、下位のバージョンの併行利用を禁止することがあります。
  2. ② 当社は、API利用者の同意なしにAPIサービスの一部又は全部を更新する場合があります。この場合、当社は、本サービスに関連するウェブサイトに掲示する方法等にて通知します。ただし、法律、セキュリティ及び運用上の問題等により、当社がやむを得ないと判断した場合はこの限りではありません。

第7条 (API利用者の義務)

  1. ① API利用者は、関連法令、本規約で規定する内容及びその他当社が別途定めて提示する諸般のAPIサービス関連の運用ポリシー等を遵守しなければなりません。
  2. ② API利用者は、当社に登録及び申告したAPI接続先情報等の内容に変更が生じた場合は、遅延なく当社に変更内容を通知するものとします。
  3. ③ API利用者は、本規約において認められた目的の範囲内で、ユーザーが明示的に同意し権限を付与した場合にのみ、APIを利用してユーザーのデータにアクセスする事ができます。APIサービスを通じて得たユーザーのデータは、いかなる場合においても目的以外の用途に使用することはできません。
  4. ④ API利用者は、API接続先提供サービスを開発又は利用する上で、API利用者の責任において、API利用者との間でシステム開発契約その他正当な契約を締結している第三者にAPIサービスの利用を委託することができるものとします。ただし、この場合、API利用者は、API利用者から委託を受けた第三者(以下「受託者」といいます。)が本規約の内容に合意し、本規約を遵守することを保証するものとします。また、受託者による本規約の違反は、API利用者の違反とみなします。
  5. ⑤ API利用者は、お客様情報の一部を使用するAPI接続先提供サービスを提供しようとする場合には、当該API接続先提供サービスを利用しようとする当社ユーザーの認証を行うことを可能とするため、当社所定の認証・認可システムを利用するものとし、認証・認可システムを利用するにあたっては、API接続先提供サービスに係る当社ユーザーの認証を、当社が指定する仕様、規格に準拠して作成するものとします。なお、係るAPI接続先提供サービスにおいて使用できる当社ユーザー情報(本規約第13条第4項に定義します。)の範囲は、当社が別途指定するものに限ります。API利用者は、認証・認可システムがAPI接続先提供サービスに提供する認証ページや認可機能(以下「認証・認可機能」といいます。)に改変を加えることなく、API接続先提供サービスに掲示するものとし、当社ユーザーの認証を行ってはならず、また認証・認可機能を当社が認める認証・認可システムの目的以外に使用してはならないものとします。
  6. ⑥ 当社がLINE WORKS又はAPIサービスをアップグレード又は更新する場合、API利用者は、開発するサービスに対して最新の内容を適切に反映しなければなりません。

第8条 (禁止行為)

  1. ① API利用者は、以下の各号に該当する行為を行ってはならないものとします。
    1. (1) 法令に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為
    2. (2) コンピューターウィルスを埋め込む等の方法により、当社又は第三者のソフトウェア、ハードウェア、通信機器等の適切な動作を妨害、破壊若しくは制限し、又はそのおそれのある行為
    3. (3) 公序良俗に反する行為
    4. (4) 当社又はその他第三者の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含み、以下「知的財産権等」と総称します。)、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為
    5. (5) LINE WORKSを通じ、以下に該当する情報又は該当すると当社が判断する情報を当社又は他のお客様若しくはユーザーに送信する行為
      •      ・ 過度に暴力的又は残虐な表現を含む情報
      •      ・ コンピューターウィルスその他の有害なコンピュータープログラムを含む情報
      •      ・ 当社、他のお客様若しくはユーザー又はその他の第三者の名誉又は信用を毀損する表現を含む情報
      •      ・ 過度にわいせつな表現を含む情報
      •      ・ 差別を助長する表現を含む情報
      •      ・ 自殺、自傷行為を助長する表現を含む情報
      •      ・ 薬物の不適切な利用を助長する表現を含む情報
      •      ・ 反社会的な表現を含む情報
      •      ・ チェーンメール等の第三者への情報の拡散を求める情報
      •      ・ 他人に不快感を与える表現を含む情報
    6. (6) LINE WORKSのネットワーク又はシステム等に過度な負担をかける行為
    7. (7) LINE WORKSの運営を妨害するおそれのある行為
    8. (8) 当社のネットワーク若しくはシステム等に不正にアクセスする行為、不正なアクセスを試みる行為
    9. (9) LINE WORKS Developersに掲示されたAPIサービスの利用ドキュメントに反し、あるいは定められた範囲を超えてAPIサービスを利用する行為
    10. (10) 逆コンパイル又は逆アセンブル等、当社のソフトウェアや当社APIサービスを通じて提供されるプログラム等を解析するための一切のリバースエンジニアリング行為
    11. (11) 第三者になりすます行為
    12. (12) 他のお客様又はユーザーのアカウントを利用する行為
    13. (13) 当社が事前に承諾しないLINE WORKS上での宣伝、広告、勧誘又は営業行為
    14. (14) APIサービスを使用して当社と競合し又は競合するおそれのあるサービスを提供する行為
    15. (15) API接続先提供サービスの制作にあたり、当社の商号又は商標と同一又は類似の文字列を含むURLを使用する行為
    16. (16) インターネットアクセスポイントを不明にする行為
    17. (17) 当社、他のお客様若しくはユーザー又はその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為
    18. (18) 反社会的勢力等への利益供与行為
    19. (19) 前各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は容易にする行為
    20. (20) その他、当社が不適切と判断する行為
  2. ② 当社は、API利用者が前項各号に該当する行為を行っている場合又は該当する行為を行うおそれがあると判断した場合、API利用者に対して、API接続先提供サービス及びこれに関するサービスの全部又は一部の提供の停止、コンテンツの全部又は一部の削除を求めることができるものとし、API利用者は直ちにこれに従うものとします。
  3. ③ API利用者は、認証・認可のために用いる符号その他当社から提供された符号及びAPIアクセストークンを、第三者に知られないよう管理しなければなりません。万一、第三者が使用した場合には、当社から当該符号・APIアクセストークンの提供を受けた者が自ら使用したものとみなします。当該符号・APIアクセストークンを第三者に不正使用されたこと等により、API利用者、及びAPI接続先提供サービスを利用するユーザーに損害が生じた場合であっても、当社は一切責任を負いません。なお、当該符号・APIアクセストークンの管理及び利用が不適切と判断した場合、当社はAPIサービスの利用を拒否することができるものとします。

第9条 (API接続先提供サービスの運営)

  1. ① API利用者は、API接続先提供サービスを制作し運営するものであり、API利用者がその責任を負うことを明示し、ユーザーとの間で予想されるトラブル等についてユーザーが著しく不利とならないように取り計らい、API利用者とユーザーの責任範囲についてユーザーが理解できるように明示するものとします。
  2. ② API利用者は、管理者又はユーザーとの間で、API接続先提供サービスの提供方法及び内容に関し、利用規約を定めてAPI接続先提供サービス利用者の同意を得るものとします。
  3. ③ API利用者は、API接続先提供サービスの運営にあたり、特定商取引に関する法律、不当景品及び不当表示防止法、消費者契約法その他法令を遵守するものとします。
  4. ④ API利用者は、API接続先提供サービスの運営にあたり適切なコンピューターウィルス、ハッキング等に対して必要なセキュリティ施策を講じるものとします。
  5. ⑤ API利用者は、APIサービスを利用したAPI接続先提供サービスに係る知的財産権につき、当社に対して無償で非独占的に使用する権利(再許諾権を含む)を許諾するものとします。また、API利用者はAPI接続先提供サービスにつき当社及び当社の指定する者に対して著作者人格権を行使しないものとします。
  6. ⑥ API利用者は、API接続先提供サービスに関するユーザーからの苦情、問合せ等に対応するため、問合せ窓口を設置し、通知するとともに、公表するものとします。接続先提供サービスに関してユーザーから苦情、問合せ等が寄せられたときは、API利用者は適切に対応するものとします。
  7. ⑦ API利用者は、事前に当社に通知した内容により、自らの責任においてAPI接続先提供サービスを運営するものとします。API利用者は、API接続先提供サービスを停止又は終了しようとするときは、管理者又はユーザーに事前に周知するものとします。但し、緊急的なセキュリティ対策等による一時的な停止の場合は、事後速やかに管理者又はユーザーへの周知を行うものとします。

第10条 (中断、停止及び終了)

  1. ① 当社は、事前に通知することなく、当社のシステムメンテナンス、通信回線の不具合等やむを得ない事情により当社APIサービスの提供を中断又は停止することがあります。API利用者は、当該中断又は停止に関し、当社に対し補償を求めないものとします。
  2. ② 当社は、前項のほか、理由の如何を問わず、当社APIサービスの提供を終了し、又はAPI接続先提供サービスからの当社サイトへのアクセスを終了することができるものとします。この場合、当社は、本サービスに関連するウェブサイトに掲示する方法等にて通知します。ただし、法律、セキュリティ及び運用上の問題等により、当社が止むを得ないと判断した場合はこの限りではありません。API利用者は、当該終了に関し、当社に対し補償を求めないものとします。

第11条 (当社の責任制限・免責)

  1. ① 当社は、API利用者がAPIサービスを利用することにより発生したLINE WORKS又はAPI接続先提供サービスの性能への影響及びそれにより生じたいかなる結果に対しても、一切の責任を負わないものとします。
  2. ② API利用者は、自己の判断及び責任の下で、APIサービスを利用するものとし、APIサービスの利用によって発生するいかなる損害に対しても、当社は一切の責任を負わないものとします。また、APIサービスに関するAPI利用者と第三者との間の一切の紛争について、当社は一切の責任を負わず、当社が第三者から訴訟提起を含む請求を受けた場合、API利用者は当社が被った損害及びかかる対応に要した費用の一切(弁護士費用を含むが、これに限られない)を負担するものとします。
  3. ③ 当社は、法律及び本規約で定めた場合を除いて、明示、黙示、その他の方法の如何を問わず、APIサービスに対する性能、特定システムへの適合性、商品性、正確性、完全性、特定目的適合性、適法性、安全性、その他API利用者の要求を満たすこと及び正常作動等を一切保証しないものとし、当社又はパートナーが口頭又は書面で提供するいかなる情報や助言も、本保証の範囲を拡大するものではありません。

第12条 (秘密保持義務)

  1. ① API利用者は当社APIの仕様、認証・認可のために用いる符号・APIアクセストークンその他当社APIサービスの利用に際して取得した当社に係る情報(以下「秘密情報」といいます。)を、厳に秘密として保持し、当社の書面又は電磁的方法による事前の承諾なしに第三者に開示、提供、漏洩し、又はAPIサービスの利用以外の目的に使用してはならないものとします。
  2. ② 秘密情報を受領したAPI利用者(以下「受領者」といいます。)は、自己の従業者といえどもAPIサービスの利用のために秘密情報を知る必要がある者に対してのみこれを開示するものとし、開示を受けた従業者が秘密情報をAPIサービスの利用以外の目的に利用し、第三者に開示、提供又は漏洩しないよう厳重に指導及び監督しなければなりません。なお、受領者は、本規約における自己の義務と同等の義務を従業者に課すものとします。

第13条 (個人情報保護)

  1. ① 当社は、API利用者が情報提供に同意して直接当社に提供した情報のみを保存するものとし、当社のプライバシーポリシーに沿って適切に管理するものとします。
  2. ② API利用者はユーザーの個人情報及び法的権利を保護するため、個人情報の保護に関する法律(平成十五年法律第五十七号)等の関連法規に従い、プライバシーポリシーを公表して遵守します。
  3. ③ API利用者は、サービス提供の為にユーザーの個人情報を収集及び使用する必要がある場合、ユーザーがサービスを利用する前に、その趣旨をプライバシーポリシーとともに通知し、ユーザーの同意を得なければなりません。API利用者はサービス提供の目的以外でユーザーの個人情報にアクセスしたり、個人情報を収集及び使用してはなりません。
  4. ④ API利用者は、APIサービスを通じて取得したユーザーの個人情報(以下「ユーザー情報」といいます。)について、自己の責任と費用をもって適切に管理するものとします。なお、API利用者は、ユーザー情報の利用目的について、事前の同意を取得するものとし、ユーザーが同意した利用目的以外で、ユーザー情報を利用してはならず、販売その他の行為を行わないものとします。
  5. ⑤ 当社はAPI利用者によるユーザー情報の管理が不十分であると認めるときは、当社が必要と判断する措置を講じるようAPI利用者に求めることができます。
  6. ⑥ 当社は、API利用者によるユーザー情報の保有又は管理を許可する場合において、その保有又は管理の方法について、情報セキュリティの観点及びユーザーのプライバシー保護の観点から、制限を加えることができるものとします。
  7. ⑦ API利用者は、ユーザーから要請があった場合、そのユーザーに関して当社から受け取ったすべてのユーザー情報を削除するものとします。API利用者は、ユーザーがかかる要請を行うための簡易な手段を提供しなければいけません。
  8. ⑧ API利用者は、ユーザー情報の取扱いの全部又は一部を第三者へ委託する場合、当該第三者に対する適切な監督をしなければならず、API利用者が本規約で負う義務と同等の安全管理措置その他のユーザー情報の保護を第三者において実施するものとします。また、提供を受けたユーザー情報を当該第三者において利用する必要がなくなった場合、遅延なく破棄しなければいけません。

第14条 (利用の制限及び損害賠償)

  1. ① 当社は、API利用者が本規約及びAPIサービスに関する運用ポリシーを遵守しない場合、又はAPI利用者によるAPIサービスの利用が適切でないと当社が判断した場合等に、事前に通知することなく、当該API利用者に対するAPIサービスの全部又は一部の利用を停止することができるものとします。
  2. ② 前項の規定にかかわらず、API利用者の帰責事由により当社に損害が発生した場合、当社は、API利用者に対して、損害賠償を請求することができます。

第15条 (準拠法及び裁判管轄)

本規約の解釈及び履行に関しては、日本法を準拠法とし、本規約に関連する当社とAPI利用者との間の全ての紛争に関しては、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

第16条 (その他)

本規約に定めのない事項は、LINE WORKS規約の内容に準じます。本規約の内容とLINE WORKS規約等の内容に相違がある場合には、APIサービスについては本規約の内容が優先するものとします。

附則

2022年4月1日 改定

2017年2月2日 改定

2016年12月8日 改定

2016年9月27日 制定